ネットワークの試験、シミュレーションおよびデバッグのための VPN - SoftEther VPN プロジェクト

ネットワークの試験、シミュレーションおよびデバッグのための VPN

    banner4_2.jpgSoftEther VPN はリモートネットワークを構築するためだけのツールではありません。IT プロフェッショナルは、SoftEther VPN を活用することにより、ネットワークの設計、テスト、シミュレーションを行うこともできるのです。例えば、遅延、ジッタおよびパケットロスの生成機能が SoftEther VPN には実装されているため、ネットワーク設計者は質の悪い IP ネットワーク下における VoIP 電話機の動作をテストすることができます。

    VoIP のテストのための遅延、ジッタ、パケットロスの生成機能

    SoftEther VPN Server は VPN 目的以外でも使用できます。SoftEther VPN Server を使用することにより、品質の悪いネットワークにおける遅延、ジッタ、パケットロスを擬似的に発生させることができます。そのためには、仮想 HUB を 1 個用意して、物理的な 2 枚の Ethernet の LAN カードとの間に 2 個のローカルブリッジで接続します。すると、2 個の Ethernet ネットワークセグメントは仮想 HUB を経由してブリッジされ、仮想 HUB が Ethernet フレームを転送しようとする際に遅延、ジッタ、パケットロスを挿入することができます。遅延、ジッタ、パケットロスの生成機能は、VoIP デバイスをテストする際にとても便利です。

    4_jitter.jpg

    実験用の Ethernet セグメントの作成

    SoftEther VPN Server、Client および Bridge を使用すれば、Ethernet ベースのネットワークトポロジをテストすることができます。SoftEther VPN はクリックするだけで分離された Ethernet セグメントを何百個も作成することができます。SoftEther VPN Server には L2 セグメント同士でレイヤ 3 の IP ベースルーティングを提供するための仮想レイヤ 3 スイッチ機能も搭載されています。仮想 HUB にはパケットフィルタリングのためのアクセスリスト機能もあります。SoftEther VPN Server に搭載されているこれらの L2 および L3 の機能は、あなたの新しいネットワークデザインを実環境上でテストするために便利です。