iPhone および Android - SoftEther VPN プロジェクト

iPhone および Android

    banner3_1.jpgiPhone および Android は組み込みの VPN クライアント機能を有していますが、本来はその VPN クライアント機能を使用してリモートアクセスを実現するためには、Cisco や Juniper などの高価なハードウェアベースの VPN 製品を導入する必要がありました。SoftEther VPN は Cisco と同等の機能を有しており、iPhone や Android を簡単にサポートすることができます。

    3_iphone.jpg

     

    原理

    iPhone および Android には組み込みの L2TP/IPsec VPN クライアント機能があります。しかし、これはモデルケースとして Cisco Systems の VPN ルータと共に動作するように設計されています。その他にもごくわずかなハードウェアベースの VPN ルータが iPhone や Android をサポートします。それでも、iPhone や Android から接続可能な実用的なリモートアクセス VPN を構築する作業は、一般的な能力の企業内システム管理者によっては依然として難しすぎる作業です。

    SoftEther VPN は Cisco VPN ルータのクローン機能を有しています。SoftEther VPN は iPhone や Android からの VPN 接続を受付けることができます。スマートフォンのためのリモートアクセス VPN の構築は、PC のためのリモートアクセス VPN の構築と同一の原理により可能です。ただし、追加の作業として SoftEther VPN Server 上における L2TP/IPsec 機能を有効にする必要があります。それだけで、SoftEther VPN Server は iPhone および Android からの VPN 接続を受付けることができるようになるのです。

    ステップ 1. SoftEther VPN Server をインストールします

    最初に SoftEther VPN Server を企業内ネットワーク上の 1 台のサーバー PC にインストールします。ユーザーを追加し、ローカルブリッジを作成します。このステップは、PC のためのリモートアクセス VPN の構築手順と全く同等です。

    ss5.2.jpg

    ステップ 2. VPN Server 上の L2TP/IPsec VPN 機能を有効にします

    クリックするだけで、L2TP/IPsec VPN 機能を有効にすることができます。Cisco 社の複雑なコマンドラインベースの管理が必要なルータと比較すれば、このステップがとても簡単であることがご理解いただけます。

    ss1.2_2.jpg

    ステップ 3. iPhone や Android の設定を行います

    各 iPhone および Android デバイスにおける組み込み VPN クライアントの設定を行い、SoftEther VPN Server に接続できるようにします。すると、iPhone や Android はいつでも、どこからでも、企業内ネットワークの一部として VPN 接続することができるようになります。

    05.jpg  05 (2).jpg