8.2 Windows へのインストールと初期設定 - SoftEther VPN プロジェクト

8.2 Windows へのインストールと初期設定

    ここでは、VPN Client を Windows 2000 以降の Windows オペレーティングシステムにインストールする際の、操作方法について解説しています。なお、Windows オペレーティングシステムの状態は、システムをクリーンインストールした直後の余分なアプリケーションソフトウェアなどが一切インストールされていない状態を仮定しています。

    8.2.1 インストーラによるインストール作業

    インストール用ファイルの準備

    Windows 版の VPN Client のインストール作業は、ほぼすべてインストーラによって自動的に行うことができるため、とても簡単です。VPN Client をインストールするには、VPN Client の Windows 用インストーラファイルを、SoftEther VPN プロジェクトの Web サイト(http://www.softether.org/)からダウンロードして入手してください。

    8-2-1.png

    VPN Client インストーラ

    インストーラの起動

    VPN Client のインストールファイルを、ダブルクリックするなどしてインストーラを起動します。このインストールウィザードでは、インストール先のディレクトリ名を選択することができます (デフォルトでは、システムドライブの「Program Files\SoftEther VPN Client/」にインストールされます)。

    8-2-2.png

    VPN Client インストール先

    なお、インストール時に「使用権許諾契約書」が画面上に表示される場合があります。この場合は表示される契約書の内容をよくお読みいただき、同意される場合はインストールを継続してください。

    8-2-3.png

    VPN Client 使用権許諾契約書

    インストーラは、自動的に SoftEther VPN Client システムサービスを登録し、Windows の起動時に、自動的に「バックグラウンドモード」で起動するように設定します。なお、インストール直後は「仮想 LAN カード」は 1 枚も作成されていない状態ですので、仮想 LAN カードを追加する必要があります。仮想 LAN カードの作成方法に関しては 「8.2.6 仮想 LAN カードの作成」 を参照してください。

    8.2.3 インストール後の注意事項

    Windows 版の VPN Client のインストールが完了すると、「SoftEther VPN Client サービス」は、すでに Windows システム上で「バックグラウンド」で動作しています。通常インストール後はコンピュータの再起動は不要ですが、もし再起動を促す画面がインストーラによって表示された場合は 、コンピュータを再起動してください。

    なお、VPN Client のインストーラによって、「SoftEther VPN Client サービス」が正しく Windows システムにインストールされているかどうかを確認するには、[コントロールパネル] の [管理ツール] から [サービス] を起動し、表示されるサービス一覧の中に [SoftEther VPN Client] が表示されているかどうかを確認します。

    8.2.4 VPN クライアント接続マネージャでの操作

    VPN Client のインストールが完了した後は、VPN Client に対するすべての操作は「SoftEther VPN クライアント 接続マネージャ」を使用して行います。VPN クライアント接続マネージャによる VPN Client の具体的な使用方法に関しては、「第4章 SoftEther VPN Client マニュアル」 を参照してください。

    8.2.5 vpncmd での操作

    VPN Client をコマンドラインベースの「vpncmd」ソフトウェアによって制御することもできます。vpncmd の詳しい使い方については 「第6章 コマンドライン管理ユーティリティマニュアル」 を 参照してください。 たとえば、指定した時刻になると、特定の接続設定の接続を開始し、その後、自動的にその接続設定を切断するといったような操作を vpncmd と既存のスケジュールソフトウェアなどを組み合わせて実現することができます。

    なお、ソフトイーサ株式会社は、VPN Client の制御にはできるだけ「VPN クライアント接続マネージャ」を使用して行ない、vpncmd は単調な繰り返し作業の自動化などのための、補助的な管理ユーティリティとして使用することを推奨しています。

    8.2.6 仮想 LAN カードの作成

    VPN Client を使用する上で、最初に行う必要があるのは、「仮想 LAN カード」の新規作成です。「仮想 LAN カード」の作成方法に関しては、「4.3.2 仮想 LAN カードの作成と設定」 を参照してください。仮想 LAN カードが登録されていない場合は、接続設定を定義することができません。

    8.2.7 仮想 LAN カードの設定

    「仮想 LAN カード」を作成した後、その仮想 LAN カードを適切に設定する必要がある場合があります。このような場合は、接続先 VPN Server の管理者から、事前に仮想 LAN カードの設定方法について指示を受けているはずですので、その指示内容に従って仮想 LAN カードの設定を行ってください。

    特に接続先の仮想 HUB のレイヤ 2 セグメント上で、DHCP サーバーが動作していないような場合は、仮想 LAN カードの IP アドレスをクライアントコンピュータ側で手動で設定する必要があります。

    8.2.8 接続設定の作成

    仮想 LAN カードを作成したら、接続先の VPN Server の仮想 HUB に対する接続設定を作成して VPN 接続を試行してみてください。この際に入力する必要がある設定項目についても、VPN Server の管理者による指示に従ってください。また、VPN Client を動作させるクライアントコンピュータが接続されているローカルネットワークの構成に合わせて接続する方法を調整してください。VPN Client の詳しい操作方法については、「第4章 SoftEther VPN Client マニュアル」 を参照してください。

    すべての設定が完了したら、接続設定に対して接続を行い、VPN 通信を利用してください。