7.4 初期設定 - SoftEther VPN プロジェクト

7.4 初期設定

    「VPN Server」のインストールが完了したら、最初に必ず行わなければならない設定がいくつかあります。ここではそれらの設定方法について、「SoftEther VPN サーバー管理マネージャ」を使用した際の設定例について解説します。なお、同等の設定は「vpncmd」を用いても可能ですので、原則として vpncmd での対応するコマンド名も記載しています。「vpncmd」にの詳しい使い方については、「第6章 コマンドライン管理ユーティリティマニュアル」 を参照してください。

    7.4.1 管理者パスワードの変更

    VPN Server をインストールした初期状態では、VPN Server 全体の「管理者パスワード」は設定されていません。したがって、VPN Server をインストールした後は、できるだけ早く「管理者パスワード」を設定することをお勧めします。

    VPN Server に対して「VPN サーバー管理マネージャ」で接続した際に、VPN Server の「管理者パスワード」が設定されていない場合は警告が表示されます。そこで [はい] をクリックすると、管理者パスワードを設定することができます。

    7-4-2.png

    管理者パスワードの設定画面

    「vpncmd」では、「ServerPasswordSet」コマンドを使用してください。

    7.4.4 仮想 HUB の作成

    VPN Server には、初期状態で "DEFAULT" という名前の「仮想 HUB」が 1 つだけ登録されています。この "DEFAULT" という名前の仮想 HUB を、そのまま使用することもできます。また、この仮想 HUB を削除して別の名前の仮想 HUB を作成し、それを使用することもできます。

    これ以降の設定の具体的な操作方法については、「第3章 SoftEther VPN Server マニュアル」 を参照してください。