5.1 動作環境 - SoftEther VPN プロジェクト

5.1 動作環境

    「SoftEther VPN Bridge」は、多くのプラットフォームおよびオペレーティングシステムをサポートしています。対応オペレーティングシステムに関する仕様については 「仕様」 を参照してください。

    5.1.1 Windows のサポート

    「SoftEther VPN Bridge」は、Microsoft Windows プラットフォームをサポートしています。Windows プラットフォームのうち、Windows NT 4.0 や Windows 2000 以降の「新しい NT カーネル」ベースのプラットフォームを十分サポートしていることはもちろん、レガシシステムである Windows 98 や Windows Millennium Edition もサポートしており、場合によっては、これらの古いシステムで SoftEther VPN Bridge を稼動させることも可能です。

    ソフトイーサ株式会社が SoftEther VPN Bridge を開発するにあたっては、プログラム開発、および基本的なデバッグと最適化作業は Windows プラットフォーム上で行い、その後、そのプログラムを他のオペレーティングシステムに移植するという作業を行っています。その結果、Windows オペレーティングシステムの持つカーネルスケジューラ、およびネットワークプロトコルスタックの性能は、Linux のそれと同等程度か、または若干上回るものであり、他の UNIX 系オペレーティングシステムと比較して遜色がないだけではなく、むしろ性能は UNIX 系オペレーティングシステムを上回ることが分かりました。さらに、「Windows 版 SoftEther VPN Bridge」を使用すると、最も制限事項の少ない状態で VPN Bridge を運営することができます。

    また、Linux やその他の UNIX 系オペレーティングシステムは、カーネルのバージョンやディストリビューション、およびさまざまなライブラリのシステム間の若干の違いによって、特定のソフトウェアが正常に動作しな い場合がありますが、Windows オペレーティングシステムの場合は、システム内の API およびユーザーモードライブラリの動作に、ある程度の一貫性が保証されているため、古いバージョンから新しいバージョンの Windows まで、SoftEther VPN Bridge を安定して動作させることができます。

    したがって、ソフトイーサ株式会社としては、他に技術的あるいはコスト的な問題などがない場合、SoftEther VPN Server を Windows プラットフォーム上で使用することを推奨します。

    Windows 版の SoftEther VPN Bridge が対応しているシステムアーキテクチャは以下のとおりです。なお対応アーキテクチャは 、今後増加する可能性があります。

    • x86
    • x64 (AMD64 / EM64T)

    5.1.2 Linux のサポート

    「SoftEther VPN Bridge」は、Linux プラットフォームをサポートしています。SoftEther VPN Bridgeを動作させることが可能な Linux カーネルのバージョンは「カーネル 2.4 系以降 」です。

    Linux プラットフォームは、Windows プラットフォームの次にソフトイーサ株式会社が推奨する動作環境です。Linux のカーネルスケジューラやマルチスレッドライブラリの性能は、以前と比較して格段に向上しており、またネットワークプロトコルスタックも Windows と同等程度に信頼できるものになっています。したがって、Windows を VPN サーバーとして利用することが、技術的または政治的な問題などによって困難な場合は、Linux システム上で SoftEther VPN Bridge を使用することを推奨します。特に、Linux オペレーティングシステムは 、導入にあたってのソフトウェアライセンス費用が Windows よりも安価である場合が多いというメリットが挙げられます。Linux 版の SoftEther VPN Bridge は Windows 版と比較してほぼ同程度の性能および機能を発揮します。

    また、Linux オペレーティングシステムは Windows オペレーティングシステムと比較して、対応している CPU の種類が多いというのが特徴の一つです。そのため、SoftEther VPN Bridge は、以下に挙げられるような多くの CPU に対応しています。Linux は、通常のコンピュータ以外の「組み込み機器」(NAS やルータ、HDD レコーダなど) にも搭載されており、それらのハードウェアでは x86 以外の組み込み機器向け CPU が採用されている場合があります。SoftEther VPN Bridge を、それらのハードウェア上で動作させることも可能です。

    Linux 版の SoftEther VPN Bridge が対応しているシステムアーキテクチャは以下のとおりです。なお対応アーキテクチャは 、今後増加する可能性があります。

    • x86
    • x64 (AMD64 / EM64T)
    • PowerPC (32 bit モード)
    • SH4 (32 bit モード)
    • MIPS (32 bit モード)
    • ARM legacy ABI (32 bit モード)
    • ARM EABI (32 bit モード)

    5.1.3 FreeBSD のサポート

    FreeBSD 版の SoftEther VPN Bridge が対応しているシステムアーキテクチャは下記のとおりです。なお対応アーキテクチャは今後増加する可能性があります。

    • x86
    • x64 (AMD64 / EM64T)

    5.1.4 Solaris のサポート

    SoftEther VPN Bridge は、Sun Microsystems Solaris プラットフォームに対応しています。動作させることが可能なカーネルのバージョンは Solaris 8 系以降です。

    Solaris プラットフォームで SoftEther VPN Server の十分な性能を引き出すことが可能です。また、Solaris 版 SoftEther VPN Server / VPN Bridge ではローカルブリッジ接続機能が使用できます。したがって、VPN Server / VPN Bridge を稼動させるコンピュータのオペレーティングシステムとして、Windows および Linux を用いる場合と同等の機能を Solaris 上で実現することができるようになりました。

    また、Solaris は「SPARC CPU」が使用されているハードウェアで動作するため、これらの特殊なハードウェアを保持している企業は、それらのハードウェア上で SoftEther VPN Bridge を動作させることによって VPN サーバーとして資産を有効活用することが可能です。

    なお、ソフトイーサ株式会社では検証用ハードウェア機材の不足のため、すべての CPU 種類およびバージョンの Solaris オペレーティングシステム上での SoftEther VPN Bridge の動作検証を行っていません。確実な動作を期待する場合は、できる限り新しいバージョンの Solaris オペレーティングシステムの使用を推奨します。

    Solaris 版の SoftEther VPN Server が対応しているシステムアーキテクチャは下記のとおりです。なお対応アーキテクチャは今後増加する可能性があります。

    • x86
    • x64 (AMD64 / EM64T)
    • SPARC (32 bit モード)
    • SPARC (64 bit モード)

    SoftEther VPN Bridge は 32 bit 版 Solaris および 64 bit 版 Solaris (x64 版または SPARCv9 版) のどちらでも動作させることができます。なお、64 bit 環境のサポートについては、詳細は 「仕様」 を参照してください。

    5.1.5 Mac OS X のサポート

    SoftEther VPN Bridge は、「Mac OS X」オペレーティングシステム上で動作しますが、Mac OS X版 SoftEther VPN Bridge は、ローカルブリッジ機能をサポートしていません。したがって、Mac OS X 版の SoftEther VPN Bridge を使用する場合で、仮想 HUB とそのコンピュータが接続されているネットワークとの間を接続する場合は、「SecureNAT 機能」を使用するしかありませんが、SecureNAT 機能は日常的な拠点間ネットワークを構築・運用するために使用することは推奨されていません (詳しくは 「3.7 仮想 NAT および仮想 DHCP サーバー」 を参照してください)。

    したがって、SoftEther VPN Bridge を、Mac OS X オペレーティングシステム上で動作させる必要はほとんどありませんが、ソフトウェア的には現在、以下のプラットフォームに対応しています。

    • PowerPC (32 bit モード)
    • PowerPC (64 bit モード)
    • x86 (32 bit モード、Intel CPU 対応 Mac OS)
    • x64 (64 bit モード、Intel CPU 対応 Mac OS)

    5.1.6 組み込み機器のサポート

    SoftEther VPN Bridge は、移植性および省メモリ性に優れたソフトウェアプログラムコードとして実装されています。したがって、ハードウェアのルータやレイヤ 3 スイッチ、レイヤ 2 スイッチ、無線 LAN 装置、デジタル家電製品および自動車などの、小型のコンピュータを搭載しているハードウェアデバイスのうち、動作要件を満たしているものに組み込むことが可能です。

    今後、SoftEther VPN Bridge がさまざまな機器に組み込まれた場合、それらの機器の間では、共通の「SoftEther VPN プロトコル」によって相互の接続・通信が可能であることが論理的に保証され、より多くの場面でコンピュータユーザーではない一般のコンシューマが、SoftEther VPN を意識せずに使用することができるようになります。

    5.1.7 制限事項

    SoftEther VPN Bridge では、いくつかのオペレーティングシステムにおいて発生する「制限事項」が存在します。これらの制限事項については、本マニュアルの他の部分で記載されている場合がありますが、各オペレーティングシステムおよびハードウェアアーキテクチャに依存する 、技術的に回避が困難な問題が他に存在する可能性もあります。また、ソフトイーサ株式会社は、すべてのオペレーティングシステムで SoftEther VPN Bridge の安定動作を保証している訳ではありません。ソフトイーサ株式会社が SoftEther VPN Bridge を動作させる環境として推奨するオペレーティングシステムに関する仕様、およびシステム構成については、「仕様」 を参照してください。