3.1 動作環境 - SoftEther VPN プロジェクト

3.1 動作環境

    SoftEther VPN Server は多くのプラットフォームおよびオペレーティングシステムをサポートしています。なお、SoftEther VPN Serverの対応オペレーティングシステムに関する仕様については、「仕様」 を参照してください。

    3.1.1 Windows のサポート

    SoftEther VPN Server は、Microsoft Windows プラットフォームをサポートしています。Windows プラットフォームのうち、Windows NT 4.0 や Windows 2000 以降の新しい NT カーネルベースのプラットフォームをサポートしているのもちろん、レガシーシステムである Windows 98 や Windows Millennium Edition もサポートしており、場合によってはこれらのレガシーシステムで SoftEther VPN Server を稼動させることも可能です。

    ソフトイーサ株式会社が SoftEther VPN Server を開発するに際しては、プログラムの開発および基本的なデバッグと最適化作業は Windows プラットフォーム上で行い、その後、他のオペレーティングシステムに移植するという流れで作業を行っています。その結果、Windows オペレーティングシステムの持つカーネルスケジューラ及びネットワークプロトコルスタックの性能は、Linux のそれと同等程度もしくは若干上回るものであり、他の UNIX 系オペレーティングシステムと比較して遜色がないだけではなく、むしろ性能は UNIX 系オペレーティングシステムを上回ることがわかりました。さらに、Windows 版 SoftEther VPN Server を使用した場合、最も制限事項の少ない状態で VPN Server を運営することができます。

    また、Linux やその他の UNIX 系オペレーティングシステムは、カーネルのバージョンやディストリビューションおよび様々なライブラリのシステム間の違いによって、特定のソフトウェアが正常に動作しなかったりすることがありますが、Windows オペレーティングシステムの場合は、システム内の API およびユーザーモードライブラリの動作に、ある程度の一貫性が保証されているため、古いバージョンから新しいバージョンの Windows まで、SoftEther VPN Server を安定して動作させることができます。

    したがって、ソフトイーサ株式会社としては、他に技術的またはコスト的な問題がない場合、SoftEther VPN Server を Windows プラットフォーム上で使用することを推奨します。

    Windows 版の SoftEther VPN Server が対応しているシステムアーキテクチャは下記のとおりです。なお対応アーキテクチャは今後増加する可能性が高くなっています。

     

    • x86
    • x64 (AMD64 / EM64T)

    SoftEther VPN Server は 32 bit 版 Windows および 64 bit 版 Windows (x64 版) のどちらでも動作させることができます。64 bit 環境への対応についてのより詳しい情報については「仕様」をご参照ください。

    3.1.2. Linux のサポート

    SoftEther VPN Server は、Linux プラットフォームをサポートしています。動作することが可能なカーネルのバージョンはカーネル 2.4 系以降です。

    Linux プラットフォームは、Windows プラットフォームの次にソフトイーサ株式会社が推奨する動作環境です。Linux のカーネルスケジューラやマルチスレッドライブラリの性能は、以前と比較して非常に向上しており、またネットワークプロトコルスタックも Windows と同等程度に信頼できるものになっています。したがって、Windows を VPN サーバーとして利用することが、技術的または政治的な問題によって困難な場合は、Linux システム上で SoftEther VPN Server を使用することを推奨します。特に、Linux オペレーティングシステムは導入にあたってのソフトウェアライセンス費用が、Windows よりも安価である場合が多いというメリットが挙げられます。Linux 版の SoftEther VPN Server は Windows 版と比較してほぼ同程度の性能および機能を発揮します。

    また、Linux オペレーティングシステムは Windows オペレーティングシステムと比較して、対応している CPU の種類が多いというのが特徴の一つでもあります。そのため、SoftEther VPN Server は、下記に挙げられるような多くの CPU に対応しています。Linux は通常のコンピュータ以外の組み込み機器 (NAS やルータ、HDD レコーダなど) にも搭載されており、それらのハードウェアでは x86 以外の組み込み機器向け CPU が採用されている場合があります。SoftEther VPN Server を、それらのハードウェア上で動作させることも可能です。

    Linux 版の SoftEther VPN Server が対応しているシステムアーキテクチャは下記のとおりです。なお対応アーキテクチャは今後増加する可能性が高くなっています。

     

    • x86
    • x64 (AMD64 / EM64T)
    • PowerPC (32-bit mode)
    • SH4 (32-bit mode)
    • MIPS (32-bit mode)
    • ARM (32-bit mode)

    SoftEther VPN Server は 32 bit 版 Linux および 64 bit 版 Linux (x64 版) のどちらでも動作させることができます。64 bit 環境対応についてのより詳しい情報については「仕様」をご参照ください。

    3.1.3 FreeBSD のサポート

    SoftEther VPN Server は、FreeBSD プラットフォームに対応しています。動作させることが可能なカーネルのバージョンは FreeBSD 5.x 系以降です。

    FreeBSD 版の SoftEther VPN Server が対応しているシステムアーキテクチャは下記のとおりです。なお対応アーキテクチャは今後増加する可能性が高くなっています。

     

    • x86
    • x64 (AMD64 / EM64T)

    SoftEther VPN Server は 32 bit 版 FreeBSD および 64 bit 版 FreeBSD (x64 版) のどちらでも動作させることができます。64 bit 環境対応についてのより詳しい情報については「仕様」をご参照ください。

    3.1.4 Solaris のサポート

    SoftEther VPN Server は、Sun Microsystems Solaris プラットフォームに対応しています。動作させることが可能なカーネルのバージョンは Solaris 8 系以降です。

    また、Solaris は「SPARC CPU」が使用されているハードウェアで動作するため、これらの特殊なハードウェアを保持している企業は、それらのハードウェア上で SoftEther VPN Server を動作させることによって VPN サーバーとして資産を有効活用することが可能です。

    なお、ソフトイーサ株式会社では検証用ハードウェア機材の不足のため、すべての CPU 種類およびバージョンの Solaris オペレーティングシステム上での SoftEther VPN Server の動作検証を行っていません。確実な動作を期待する場合は、できる限り新しいバージョンの Solaris オペレーティングシステムの使用を推奨します。

    Solaris 版の SoftEther VPN Server が対応しているシステムアーキテクチャは下記のとおりです。なお対応アーキテクチャは今後増加する可能性が高くなっています。

    • x86
    • x64 (AMD64 / EM64T)
    • SPARC (32-bit mode)
    • SPARC (64-bit mode)

    SoftEther VPN Server は 32 bit 版 Solaris および 64 bit 版 Solaris (x64 版または SPARCv9 版) のどちらでも動作させることができます。64 bit 環境対応についてのより詳しい情報については「仕様」をご参照ください。

    3.1.5 Mac OS X のサポート

    SoftEther VPN Server は、Mac OS X プラットフォームに対応しています。動作させることが可能なカーネルのバージョンは Darwin 7.9.0 以降です。

    また Mac OS X は、マルチスレッドライブラリの性能が他のオペレーティングシステムと比べて劣る場合があり、SoftEther VPN Server を負荷の高い環境で使用する場合は他のオペレーティングシステムを使用することを推奨します。

    Mac OS X 版の SoftEther VPN Server が対応しているシステムアーキテクチャは下記のとおりです。なお対応アーキテクチャは今後増加する可能性が高くなっています。

    • PowerPC (32-bit mode)
    • PowerPC G5 (64-bit mode)
    • x86 (32-bit mode, Mac OS for Intel CPU)
    • x64 (64-bit mode, Mac OS for Intel CPU)

    3.1.6 組み込み機器のサポート

    SoftEther VPN Server は、移植性および省メモリ性に優れたソフトウェアプログラムコードとして実装されています。したがって、ハードウェアのルータやレイヤ 3 スイッチ、レイヤ 2 スイッチ、無線 LAN 装置、デジタル家電製品および自動車などの小型のコンピュータを搭載しているハードウェアデバイスのうち、動作要件を満たしているものに組み込むことが可能です。

    今後、SoftEther VPN Server がさまざまな機器に組み込まれた場合、それらの機器の間では、共通の SoftEther VPN プロトコルによって相互の接続・通信が可能であることが論理的に保証され、より多くの場面でコンピュータユーザーではない一般のコンシューマが SoftEther VPN を意識せずに使用することができるようになります。