2.5 VPN クライアント接続マネージャ - SoftEther VPN プロジェクト

2.5 VPN クライアント接続マネージャ

    「SoftEther VPN クライアント接続マネージャ」は、Windows コンピュータに SoftEther VPN Client がインストールされる際に同時にインストールされる、SoftEther VPN Client を制御するためのユーザーインターフェイスです。ここでは、VPN クライアント接続マネージャについて解説します。

    2.5.1 VPN クライアント接続マネージャとは

    「SoftEther VPN クライアント接続マネージャ」は、SoftEther VPN による VPN システムを使用する上で、一般のエンドユーザーが直接操作する唯一のソフトウェアです。SoftEther VPN クライアント接続マネージャを使用すると、VPN Client の制御を行い、新しい接続設定や仮想 LAN カードを作成したり、その接続設定を使用して SoftEther VPN Server に接続したりすることが可能です。

    なお、VPN クライアント接続マネージャおよび VPN Client についての詳細は、「4. SoftEther VPN Client マニュアル」 をお読みください。

    2-5-1.png

    VPN クライアント接続マネージャ

    2.5.2 VPN クライアント接続マネージャの対応システム

    「SoftEther VPN クライアント接続マネージャ」は、SoftEther VPN Client の Windows 版が対応しているオペレーティングシステムすべてで動作します。詳しくは、「仕様」 をお読みください。

    2.5.3 VPN Client との統合

    「SoftEther VPN クライアント接続マネージャ」は、SoftEther VPN Client サービス (VPN Client の機能を提供するバックグラウンドサービス) と密に連携して動作します。クライアント接続マネージャは VPN クライアントコンピュータを操作するエンドユーザー向けのフロントエンドソフトウェアであり、下記のような特徴を備えています。

    • ほぼすべての操作をマウスによって行うことができ、キーボード入力を必要とするのは、ごく一部の必要項目の入力時だけです。
    • タスクトレイに常駐し、クライアント接続マネージャのウインドウを開かなくても素早く操作を行うことができます。
    • 接続マネージャを開く際のパスワードを設定することができます。これにより、同じコンピュータを使用していても、パスワードを知らない第三者が勝手にそのコンピュータの SoftEther VPN Client サービスを使用することはできなくなります。
    • 事前にリモート管理を許可していれば、別のコンピュータで動作している SoftEther VPN Client サービスに接続して制御を行うことができます。
    • Linux 版 SoftEther VPN Client サービスに接続して操作することもできます。

    2.5.4 設定ロック機能

    「SoftEther VPN クライアント接続マネージャ」には、設定内容をロックし、ユーザーが不用意に VPN 接続設定を書き換えたりすることができないようにする「設定ロック機能」が搭載されています。

    詳細は、「4.9 その他の機能」 を参照してください。

    2.5.5 簡易モード

    「SoftEther VPN クライアント接続マネージャ」はデフォルトでは「通常モード」で動作しますが、「簡易モード」に切り替えることも可能です。

    詳細は、「4.9 その他の機能」 を参照してください。

    2.5.6 制限事項

    SoftEther VPN クライアント接続マネージャには、下記の制限事項があります。

    • SoftEther VPN クライアント接続マネージャは、Windows 版のみが用意されています。したがって、Linux 版 SoftEther VPN Client を、localhost から制御するために使用することはできません (別の Windows 端末から Linux 版 SoftEther VPN Client にリモート接続して制御することはできます)。
    • GUI ソフトウェアのため、コマンドラインからの入力によって動作させることは困難です。したがって、スクリプト状のコマンド列を読み込ませることによってさまざまな管理を自動化させることは容易ではありません (別の GUI 操作の自動化ツールを使用すれば可能ですが、一般的ではありません)。

    上記のような制限事項にかかるような管理を行いたい場合は、「VPN コマンドライン管理ユーティリティ (vpncmd)」を使用することをお勧めします。vpncmd については、「2.6 VPN コマンドライン管理ユーティリティ (vpncmd)」 および 「6. コマンドライン管理ユーティリティマニュアル」 をお読みください。