ソースコード

    sourcecode.pngSoftEther VPN Server、Client および Bridge は、フリーソフトウェアであり、オープンソース化されてリリースされています。

    どなたでも GPLv2 (フリーソフトウェア財団の公開している GNU 一般公衆ライセンス v2.0) の条件の基で、SoftEther VPN を再配布し、または改造することができます。

    この Web サイトでは、ソースコードのダウンロード方法およびビルド方法について説明します。

     

    最新のソースコードパッケージのダウンロード

    ソースコードをまとめて.zip 形式および.tar.gz 形式でパッケージ化したファイルは、以下からダウンロードできます:

    http://www.softether-download.com/

    上記のサイトからのダウンロードが、SoftEther VPN のソースコードを入手する最も簡単な方法です。

     

    ソースコードのビルド方法

    ソースコードをビルドする方法は、パッケージ内の"BUILD_UNIX.TXT" または"BUILD_WINDOWS.TXT"ファイルを参照してください。または、以下のリンクをクリックしてください。

    最新のソースコードツリーを GitHub から取得

    SoftEther VPN プロジェクトでは、GitHub を公式の SoftEther VPN のリポジトリとして採用しています。
    オープンソース開発者の方は、GitHub リポジトリからソースコードを取得していただけます:

    https://github.com/SoftEtherVPN/SoftEtherVPN/

     

    SoftEther VPN の最新のソースコードツリーを GitHub からダウンロードすることができます。また、SoftEther VPN プロジェクトのフォーク (分岐) プロジェクトを自由に作成していただくこともできます。

    コマンドラインによる GitHub からのソースコードのダウンロード、ビルド、インストール方法は以下のとおりです。

    git clone https://github.com/SoftEtherVPN/SoftEtherVPN.git
    cd SoftEtherVPN
    make
    make install
     

    あなたの政府の検閲ファイアウォールを回避してソースコードをダウンロードする方法

    SoftEther VPN は、VPN 通信トンネルを構築するための強力すぎるツールであるため、いくつかの検閲国家の政府は、彼らのファイアウォールを悪用し、国民が SoftEther VPN のソースコードにアクセスしようとすることを妨害しようとします。

    検閲政府による正義に反するアクセス制限を回避するために、SoftEther VPN プロジェクトは最新のソースコードを以下のオープンソースリポジトリにアップロードしています。

     

    GitHub からソースコードを取得する方法:

    git clone https://github.com/SoftEtherVPN/SoftEtherVPN.git

     

    SourceForge からソースコードを取得する方法:

    git clone http://git.code.sf.net/p/softethervpn/code
      - または -
    git clone git://git.code.sf.net/p/softethervpn/code
     

    Google Code からソースコードを取得する方法:

    git clone https://code.google.com/p/softether/

     

    あなたの国から、上記の URL のうち少なくとも 1 つが到達可能であることを望みます。

     

    ソースコードのコントリビューションについて

    SoftEther VPN のソースコードへのコントリビューションを受け付けております。GitHub を経由してお送りください。

    事前に「SoftEther VPN ソースコード パッチ受け入れポリシー」をお読みください。

     

    セキュリティ専門家の方へのお願い

    SoftEther VPN のコード上でバグやセキュリティホールを発見された場合は、SoftEther VPN プロジェクトまで早急にご連絡いただければ幸いです。SoftEther VPN プロジェクトでは、世界中の多数のユーザーを保護するためにセキュリティ問題を早急に解決します。

     

    セキュリティ問題の報告用メールアドレス: softether-vpn-security [at] softether.org

     

    ご注意: 上記のメールアドレスは、技術サポートのお問い合わせ窓口ではありません。技術的な支援を必要とされる場合は、http://www.softether.org/ にアクセスし、質問をユーザーフォーラムに投稿してください。

     

    免責事項

    THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE. THIS SOFTWARE IS DEVELOPED IN JAPAN, AND DISTRIBUTED FROM JAPAN, UNDER JAPANESE LAWS. YOU MUST AGREE IN ADVANCE TO USE, COPY, MODIFY, MERGE, PUBLISH, DISTRIBUTE, SUBLICENSE, AND/OR SELL COPIES OF THIS SOFTWARE, THAT ANY JURIDICAL DISPUTES WHICH ARE CONCERNED TO THIS SOFTWARE OR ITS CONTENTS, AGAINST US (SOFTETHER PROJECT, SOFTETHER CORPORATION, DAIYUU NOBORI OR OTHER SUPPLIERS), OR ANY JURIDICAL DISPUTES AGAINST US WHICH ARE CAUSED BY ANY KIND OF USING, COPYING, MODIFYING, MERGING, PUBLISHING, DISTRIBUTING, SUBLICENSING, AND/OR SELLING COPIES OF THIS SOFTWARE SHALL BE REGARDED AS BE CONSTRUED AND CONTROLLED BY JAPANESE LAWS, AND YOU MUST FURTHER CONSENT TO EXCLUSIVE JURISDICTION AND VENUE IN THE COURTS SITTING IN TOKYO, JAPAN. YOU MUST WAIVE ALL DEFENSES OF LACK OF PERSONAL JURISDICTION AND FORUM NON CONVENIENS. PROCESS MAY BE SERVED ON EITHER PARTY IN THE MANNER AUTHORIZED BY APPLICABLE LAW OR COURT RULE.
     
    USE ONLY IN JAPAN. DO NOT USE IT IN OTHER COUNTRIES. IMPORTING THIS SOFTWARE INTO OTHER COUNTRIES IS AT YOUR OWN RISK. SOME COUNTRIES PROHIBIT ENCRYPTED COMMUNICATIONS. USING THIS SOFTWARE IN OTHER COUNTRIES MIGHT BE RESTRICTED.
     
    このソフトウェアは日本国内でのみ使用してください。日本国外で使用しないでください。このソフトウェアを日本国外において輸入する場合は、あなたの責任において輸入を行ってください。いくつかの国においては、暗号化通信が禁止されています。このソフトウェアを日本国外において使用することは禁止されている場合があります。