Mac OS X からの接続方法

    ここでは、SoftEther VPN Server (L2TP over IPsec 機能を有効化済み) に対して Mac OS X 搭載のパソコンから VPN 接続する方法について解説します。

    Mac OS X Tiger, Leopard, Snow Leopard, Lion から接続できます。

    1. VPN 接続設定の追加方法(最初の一回のみ)

    最初に VPN 設定を追加する必要があります。

    なお、以下の設定画面は Mac OS X Snow Leopard でのものです。バージョンによって少しずつ画面が異なる場合があります。

    まず、Mac OS X の「システム環境設定」を開き、「ネットワーク」アイコンをクリックします。

    01.jpg

    「ネットワーク」画面が開いたら、左下の「+」ボタンをクリックします。

    02.jpg

    すると、以下のようなインターフェイスを選択する画面が表示されますので、以下のように指定してください。

    • 「インターフェイス」は「VPN」を選択します。
    • 「VPN タイプ」は「L2TP over IPSec」を指定します。
    • 「サービス名」の欄には、任意の文字列 (わかりやすい名称) を自由に入力してください。

    03.jpg

    次の画面では、以下のように入力してください。

    • 「サーバーアドレス」には接続先の VPN Server の IP アドレスまたは FQDN (DNS 名) を入力します。
    • 「アカウント名」にはあらかじめ VPN Server 上の仮想 HUB に登録されているユーザー名を入力します。

    04.jpg

     

    次に「認証設定」ボタンをクリックします。

    すると以下のような画面が表示されますので、以下のように入力します。

    • 「パスワード」には先に入力したユーザー名に対応するパスワードを入力します。
    • 「共有シークレット」には IPsec 事前共有鍵 (PSK: Pre-Shared Key) を入力します。

    05.jpg

     

    最後に「詳細」をクリックして、「すべてのトラフィックを VPN 接続経由で送信」をチェックしてください。

    また、その他の詳細なオプションの設定が必要な場合は、この画面で設定してください。

     

    06.jpg

    VPN 接続設定に関するすべての設定が完了したら、「適用」をクリックして保存します。

    2.VPN 接続の方法

    定義した VPN 接続設定を選択し、「接続」ボタンをクリックすると、VPN 接続を開始できます。

    また、Mac OS X のメニューバーの右上のほうにあるアイコンから VPN 接続を開始することもできます。

    VPN 接続が完了すると、「ネットワーク」の画面の状態表示が「接続」に変わります。

    VPN 内で使用される IP アドレスや接続時間などの情報もここで確認できます。

    07.jpg

     

    VPN に接続すると、外出先からでも社内 LAN 上の HTTP サーバーやメールサーバーにアクセスしたり、リモートデスクトップクライアントや VNC クライアント (Mac OS X 用アプリケーションとして配布されています) を用いて LAN 上の Windows PC の画面を操作したりすることができます。

    このように、通常社内 LAN に無線 LAN で直接接続して行っているような各種の通信のすべてが VPN 経由で外出先からでも実現できます。