iPhone / iPod Touch / iPad からの接続方法

    ここでは、SoftEther VPN Server (L2TP over IPsec 機能を有効化済み) に対して Apple の iPhone / iPod Touch / iPad から VPN 接続する方法について解説します。

    事前にVPN Server 側での IPsec 機能の有効化方法に従い VPN Server 側の設定を行っておく必要があります。

    VPN 設定設定の追加方法 (この作業は最初の 1 回のみ必要です。)

    最初に VPN 設定を追加する必要があります。

    トップ画面の「設定」ボタンをタップし、設定メニューを表示してください。

    01.jpg

    次に、「一般」、「VPN」、「VPN 構成を追加」の順にタップしてください。

    02.jpg 03.jpg 04.jpg

     

    「構成を追加」画面が表示されます。

    • 「L2TP」、「PPTP」、「IPSec」の中からは、「L2TP」を選択してください (標準で「L2TP」が選択されています)。「IPSec」は選択する必要はありません。
    • 「説明」には VPN 接続を見分けるための分かりやすい名称を自由に入力してください。
    • 「サーバ」には接続先の VPN Server の IP アドレスまたは FQDN (DNS 名) を入力します。
    • 「アカウント」には接続先の VPN Server 上のユーザーと仮想 HUB を指定する文字列を入力します。
      詳しくはこちら
    • 「パスワード」には「アカウント」で指定したユーザー名のパスワードを入力します。
    • 「シークレット」には IPsec 事前共有鍵 (PSK: Pre-Shared Key) を入力します。
      詳しくはこちら
    • 「すべての信号を送信」は通常「オン」にしておきます。
      オンにしている場合は、仮想 HUB 上で取得したデフォルトゲートウェイを経由してすべてのトラフィックが流れます。
      オフにすると、VPN 内の同一の IP ネットワークに対するトラフィックしか VPN を経由して流れなくなります。

    05.jpg

    VPN 設定に必要項目の入力が完了したら、右上の「保存」ボタンをタップしてください。

    VPN への接続方法

    定義した構成を用いて VPN に接続するためには、VPN 一覧画面で接続したい VPN 設定をタップして選択状態にしてから右上の「オフ」ボタンをタップすると、VPN 接続が開始されます。

    06.jpg

    VPN 接続が完了すると、上記の画面のようになり、「状況」が「接続中」になります。

    なお、「状況」をタップすると VPN クライアントに対して VPN Server が割当てた IP アドレスを表示することができます。

    07.jpg

    VPN に接続すると、接続先のネットワークと通信することが出来るようになります。

    例えば、社内 LAN に接続した場合は、通常社内 LAN に無線 LAN で直接接続して行っているような各種の通信のすべてが VPN 経由で外出先からでも実現できます。外出先からでも社内 LAN 上の HTTP サーバーやメールサーバーにアクセスしたり、リモートデスクトップクライアントや VNC クライアント (iPhone 用アプリケーションとして配布されています) を用いて LAN 上の Windows PC の画面を操作したりすることができます。